ホーム > JAPCについて 会長挨拶

JAPCについて

会長挨拶

会長の写真

 私ども公益社団法人日本精神神経科診療所協会(略称 日精診)は、街の中にあって気軽に行ける「身近なこころのかかりつけ医」である精神科診療所の全国組織として、 地域精神保健・医療・福祉の充実と増進、更には精神科診療所の資質の向上等に努めてまいりました。
 精神科診療所の使命は、目の前にいる患者さん一人一人を大切にし、その苦しみを少しでも和らげ、地域で普通の生活をしてもらうため、患者さんのもっとも身近に、いつも、ずっと、そばにある存在であることと考えています。このような精神科診療所の医療を思う存分行っていけるよう、その医療環境を確保し、少しでも良くしていくのが日精診執行部の役割であると認識しております。
 公益社団法人として、 心新たに今後も精神保健医療福祉の向上に努力するとともに、公益事業を始めとした協会活動をより積極的に進め、 患者さんや地域住民にとって有益な活動を展開し、同時に、精神科診療所の医療をしっかり支援できる組織として、成長していく所存です。皆様のご協力とご支援を心よりお願い申し上げます。

公益社団法人日本精神神経科診療所協会
会長 渡辺洋一郎


ページトップへ移動